東京ミッドタウンと安藤忠雄 東京ミッドタウン

スポンサードリンク

2008年04月01日

東京ミッドタウンと安藤忠雄

人と都市とアートによる文化都市でもある東京ミッドタウンには、各所にアート作品が取り入れられています。文化的な雰囲気が東京ミッドタウンには感じられます。

その代表的な施設の一つ、デザインのための美術館「21_21 DESIGN SIGHT」が東京ミッドタウンにあります。
「21_21 DESIGN SIGHT」は衣服デザイナー三宅一生さん達の発案で、デザイン文化の促進の発達を目的として作られました。デザイナーだけでなく、デザインを取り巻く人々との交流を通し、デザインをリサーチ、考え、ものづくりの現場として存在しています。

この「21_21 DESIGN SIGHT」の設計を担当したのが安藤忠雄さんです。安藤忠雄さんは、1941年大阪出身で、独学で建築を勉強、建築事務所を設立しました。安藤忠雄さんは自然や環境とのかかわりを大切に、新たな建築を探求し続ける日本を代表する建築家です。
安藤忠雄さんは日本のデザインを発展・発信するために必要なのは、「21_21 DESIGN SIGHT」の施設ではなく、そこに集まる人であると語っておられます。たくさんの若者がアートに接し、東京ミッドタウンを基点に日本の文化の向上に貢献することを、安藤忠雄さんは願っておられるのです。

今後も東京ミッドタウンは、新たな日本の文化拠点として日本だけでなく世界に発信していくことでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。