東京ミッドタウンの土地の歴史 東京ミッドタウン

スポンサードリンク

2008年06月11日

東京ミッドタウンの土地の歴史

東京ミッドタウンは六本木の新名所として誕生しました。六本木ヒルズと同じく複合施設であり、対抗する形ではありますが、相乗効果により六本木や赤坂周辺の地域活性化に貢献しています。

5つ星ホテルである「ザ・リッツ・カールトン東京」や日本初のショップやレストランなど、上質で高級感のある施設が集まっています。ホテルはもちろん英語対応可能な施設が多数あり、世界中の人たちが交流する場にふさわしい街であるといえます。
東京ミッドタウンは日本文化発信の拠点としても充実した施設があります。日本の顔として東京ミッドタウンの今後にも期待が寄せられるところです。

東京ミッドタウンの所在地住所は「赤坂9丁目」になります。この住所周辺は、日本の遍歴を語り継ぐ歴史的な建物が存在していました。江戸時代は毛利家下屋敷があり、その後陸軍駐屯地や米軍将校の宿舎が存在しました。このように、この住所周辺は一般に閉ざされた土地として利用されてきたことが分かります。「赤坂9丁目」という住所から、歴史的な背景を想像される方も多いかもしれません。

東京ミッドタウンのある「赤坂9丁目」という住所は、閉ざされた場所から、人が集まる場所へ生まれ変わりました。新しい歴史のスタートといえるでしょう。
posted by gfjira0 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ミッドタウン+住所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100721662

この記事へのトラックバック
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。