東京ミッドタウン+安藤忠雄 東京ミッドタウン

スポンサードリンク

2008年04月04日

東京ミッドタウンの魅力

安藤忠雄さんは日本を代表する建築家として活躍されています。
安藤忠雄さんの代表的な建築作品に「光の教会」や「大山崎山荘美術館」などがあります。東京ミッドタウンにある「21_21 DESIGN SIGHT」も安藤忠雄さんの設計の元、作られた施設です。

「21_21 DESIGN SIGHT」はデザインのための美術館として、一般の方はもちろん、デザインに関わる仕事をしている人や、これからの日本の文化を担っていく若いアーティストたちが集まり、勉強する育成の場として存在しています。
建築家である安藤忠雄さんが手がけた施設ですから、同じ建築デザインを目指す人にとってはたいへん興味深い建物であることでしょう。またデザインを作り出し、アーティストを育成する場を手がけたということは、安藤忠雄さんにとっても思い入れの深いお仕事だったのではと思われます。東京ミッドタウンに世界中の人が集まり、文化交流することでまた新しいアートや文化が生まれるのかもしれません。これからの日本文化の拠点が、東京ミッドタウンであるといえそうです。

東京ミッドタウンが単なる都市化的な印象を受けないのは、緑地面積の広さと文化色の強い街であるからなのかもしれません。東京ミッドタウンが多くの人々に親しまれている理由の一つといえそうです。

東京ミッドタウンにある安藤忠雄建築

東京ミッドタウンは複合都市として六本木に誕生しました。東京ミッドタウン内にはアート作品が各所で見ることができるなど、文化的要素の強い街であるといえます。その代表的な施設の一つ「21_21 DESIGN SIGHT」が東京ミッドタウンにあります。

この東京ミッドタウンにある「21_21 DESIGN SIGHT」は、デザイン専門の施設・美術館として注目されています。ここではデザインについてリサーチし、考え、そしてモノづくりをする現場であるとする、新しいミュージアムとして存在します。

この施設の建築設計を担当したのが安藤忠雄さんです。安藤忠雄さんは「日本の顔としての建築」をテーマに「21_21 DESIGN SIGHT」を設計されました。この設計にあたり安藤忠雄さんは、日本一長い複層ガラスや折り曲げられた巨大な一枚鉄板の屋根など、最高の建築技術を駆使しています。また地下階が延べ床面積の8割を占めるそうですから、実際入ってみると外からは想像できない広さがありそうです。日本を代表する建築家安藤忠雄さんの設計を楽しむことができるでしょう。
安藤忠雄さんの次の代を引き継ぐ若いアーティストたちが、「21_21 DESIGN SIGHT」で育ち、東京ミッドタウンから世界に発信することが期待されます。

東京ミッドタウンからアーティスト誕生

2007年春、六本木に東京ミッドタウンがオープンしました。同じ複合型都市として2003年に誕生した六本木ヒルズに比べ、東京ミッドタウンは文化要素の強い街であるといえそうです。

東京ミッドタウンにある「21_21 DESIGN SIGHT」は三宅一生デザイン文化財団が運営する、デザインのための美術館です。ここでは企画展を通してアート作品を見ることだけでなく、若いアーティストたちの育成の場としても活用されています。

この「21_21 DESIGN SIGHT」の設計を手がけたのは、建築家の安藤忠雄さんです。安藤忠雄さんは美術館や博物館をはじめ、学校や教会など数々の建築作品を手掛けてこられました。環境にあったデザインを追及する安藤忠雄さんの作品をご存知の方も多いことでしょう。安藤忠雄さんによる「21_21 DESIGN SIGHT」がどんな施設なのかも見どころの一つですね。
安藤忠雄さんも次世代を受け継ぐ若いアーティストたちが「21_21 DESIGN SIGHT」から、そして東京ミッドタウンから誕生することを願っておられることでしょう。東京ミッドタウンから、世界で活躍するデザイナーやアティストが誕生するかもしれませんね。

2008年04月01日

東京ミッドタウンと安藤忠雄

人と都市とアートによる文化都市でもある東京ミッドタウンには、各所にアート作品が取り入れられています。文化的な雰囲気が東京ミッドタウンには感じられます。

その代表的な施設の一つ、デザインのための美術館「21_21 DESIGN SIGHT」が東京ミッドタウンにあります。
「21_21 DESIGN SIGHT」は衣服デザイナー三宅一生さん達の発案で、デザイン文化の促進の発達を目的として作られました。デザイナーだけでなく、デザインを取り巻く人々との交流を通し、デザインをリサーチ、考え、ものづくりの現場として存在しています。

この「21_21 DESIGN SIGHT」の設計を担当したのが安藤忠雄さんです。安藤忠雄さんは、1941年大阪出身で、独学で建築を勉強、建築事務所を設立しました。安藤忠雄さんは自然や環境とのかかわりを大切に、新たな建築を探求し続ける日本を代表する建築家です。
安藤忠雄さんは日本のデザインを発展・発信するために必要なのは、「21_21 DESIGN SIGHT」の施設ではなく、そこに集まる人であると語っておられます。たくさんの若者がアートに接し、東京ミッドタウンを基点に日本の文化の向上に貢献することを、安藤忠雄さんは願っておられるのです。

今後も東京ミッドタウンは、新たな日本の文化拠点として日本だけでなく世界に発信していくことでしょう。

東京ミッドタウン由縁の人、安藤忠雄

東京ミッドタウンはオフィス、住宅、商業施設、ホテル、美術館などからなる複合都市として六本木にオープンしました。都市化だけでなく緑も多く配置し、緑地面積の広さは東京ミッドタウンが誇る特徴の一つといっていいでしょう。

また、東京ミッドタウンにはアート作品が各所に取り入れられ、文化色の濃さも特徴の一つといえます。東京ミッドタウン敷地内にある「21_21 DESIGN SIGHT」はデザインのための美術館であり、文化の街東京ミッドタウンの特色を代表する施設です。

この「21_21 DESIGN SIGHT」の設計を手掛けたのが「安藤忠雄」氏です。

安藤忠雄さんは日本を代表する建築家の一人として活躍しています。安藤忠雄さんは、美術館や博物館、商業施設を中心に学校や教会など多様な施設の建築を手掛けてきました。文化や建築関係の代表的な賞も多数受賞しており、平成15年には文化功労者の一人として安藤忠雄さんが選ばれています。

安藤忠雄さんは建築以外にも、阪神淡路大震災の復興支援10年委員会の実行委員長として被災地の復興に努めたり、瀬戸内海の破壊された自然を回復するため「瀬戸内オリーブ基金」を設立、活動を続けておられます。
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。